スポンサーサイト

  • 2019.02.27 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


インド人ひつこい☆ホテルの宿泊後のアンケートに答えたら。。。

私は、先の記事に書いたように、今回、某ファイブスターホテルの、○○○ッ○ホテルの空港でのピックアップサービスでトラブルがありましたが(つまり空港に予約したはずのお迎えが来ておりませんでした)




到着したら、ただひたすらに謝られ、毎日メールでも謝られ。。。

私はこのホテルチェーンの会員のため、「宿泊後のアンケートをぜひお願いします」というメールをもらったので、このインドでしか起こらないようなびっくりなトラブルが、アメリカ本部に報告されることを願いながら、今回のことを改めてコメントしたら、

又、インドのこのホテルの同じ人からのわびのメールが入り、ただひたすら謝っているのです。
ひつこい。。ひつこすぎます!!



謝り倒すのがインド?!そして何もくれません。
やっぱりケチなんだと思う!!




部屋にこのタオルでできた象が置かれていたんです。
これがお詫びのしるし?? イラッと来た。。。
目はティッシュの切れ端にボールペンで書いて貼ってあります。

象





インドでの駐在生活をご想像してみてください。その3☆ある日の新聞の記事

私は北京とニューデリーの生活が一番つらかったですが、人それぞれだとは思います。

日本ほどちゃんとしている国はないので、どこに行っても日本人はつらいと思いますが、
日本基準で考えないようにするとよいのだと思います。



私も、最初の夫の駐在先の香港で、数か月は「えー??エアコンの修理の人が数時間遅れてる、まだ来ない!!!」とか驚いていましたが、

上海と北京では、修理の人などの遅れは数日になり。。。

ニューデリーでは実に、約束の日から1週間以上遅れるということが起こったのです(っていうか、10回位催促しないと、永遠に来ない)


以下はある日のニューデリーで読んだ新聞記事。

19歳の少女が近所の悪ガキ兄弟に35回刺されて殺される(ご両親は何度も警察に訴えていた)
35回 

建物の床が崩壊し、死傷者。

建物崩壊

田舎の村ではいまだに魔女狩りの迷信がはびこり、罪のない女性が殺されている。

魔女狩り

別のところでも建物が崩れました。

建物崩壊その2

インドでの駐在生活をご想像してみてください。その2☆車が止まれば物乞いの方々が。。。

インドでは、犯罪防止のため、車の窓にUV対策の黒いフィルムを貼ることが禁止されています。



車が止まれば、物売りや物乞いの方々がやってくるのですが。。。(しかも信号待ちも長い。。。)

窓は透明なので、それらの人の視線から逃れるのも大変です。


写真は、信号で止まった時の、左右の様子。


左には木の下で生活している方々の様子が。。。


木

そして右は高架下の、フェンス内(立ち入り禁止だと思いますが)を住居にしている様子が見られます。。


高架下

インドでの駐在生活をご想像してみてください。その1☆ATM機でお金を降ろす

私は、5年間夫の仕事でニューデリーに住み、昨年秋にこちらに参りましたが、この国や香港などでもすでにご不満な方を元気づけるために、ちょっとインドの町の様子の写真をアップします。

お金を降ろす必要があったので、ホテルの裏のマーケットにあるATMでお金を降ろしました。

ホテルの裏と言っても、インドなので、歩くのはちょっと。。。なぜ歩けないのかは、下の写真でお分かりでしょう。
歩けないというか、歩きたくないというか。。。

車をなるべく近くに付けてもらい、降りたところの写真↓

>車から降りて

そしてATM機は地階ではなく、1階(日本の2階ですね。。)にあるので、階段を上ります↓
階段はゴミだらけ。


階段

ATM機はこちらの犬の右のちょっと赤く見える中にあります。

マーケット


中に入るとコンピューターの画面がちらちらとしていて。。。

「あーなんかだめかもー起動しないかもー」と思いながら、何回かカードを入れてみます。

何度も何度も入れて、やっとスタート画面になり、ATM機にちゃんとお札も入っていて、お金を降ろすことができました。

機械の故障やお札が補充されていないため、お金が降ろせないことはよくあり、その場合は次のATMを探しに、デリーの交通渋滞にはまるのです。。。



ロングドレスが着たくて着たくて。。。☆やっぱりインドではアクセサリーはゴールド

バンコクは一年中夏のせいか、皆さん服装がカジュアルで、おしゃれをしてお食事と言う場もそうそうない気がします。
アクセサリーも、もともと金色の方が好きな私が、銀色チェーンばっかりつけています。

やっぱり暑いからかなあ。。


インドはどうしようもなく発展途上国だけど、ゴージャスな世界がある。。。


それで私は、前任地の北京よりデリーが好きでした。

ロングドレスが着たくて着たくて。。

今回スーツケースにはロングドレスのみ詰めた私。

特別な場でなくても、普通のお食事の場でロングドレスが着れるから好き〜


ハイアットリージェンシーデリーは食事がおいしいです。

ハイアット


楽しそうな私。本当に顔に出ますね〜。


食事


久しぶりのデリー☆着いた途端、インドらしいハプニング

昨年の夏、インドを離れて以来、久しぶりにインディラガンジー空港に>降り立った私。

もちろん、5年間も生活していたところなので、何の不安もなく、あー帰ってきた(感激ハート という感じ。。。


この数か月、便利で快適な国ですっかりぬるま湯に浸ってしまったせいで、インドにいたころの常に戦闘態勢をすっかり忘れてしまっていたのが、いけなかったのでしょうか。。。(全く私のせいではありませんが)なんと、空港に予約してあったホテルのお迎えの車が来ていない!ということが起こりました。

ホテルは5つ星のハイアットリージェンシーホテルですが、、、、何かの手違いで、、、インドならではのことが起こってしまいました。。。

もちろん、ちゃんと先方には到着便の時間なども伝え、確認のメールもいただいていました。

ホテルのプラカードを持っている人たちのところにはハイアットの名前が見えなかったので、私はうっかり、空港の外へ出てしまい。。。ホテルのお迎えは空港内のみということに気づいた時にはもう遅く、空港の中へ逆戻りはできず。。。


銃を持った空港の守衛に、入れて、と言ったのですが、やっぱりだめで。。。

インドで通じる携帯電話をその時点で持っていなかったので、ホテルに電話もできず。。。一瞬途方にくれました。。

夜10時、女一人旅。。。。。インド!! 


でも、そこは、やっぱり5年も住んでいて、勝手がわかっているというか、図々しさがあって、近くにいた人に話かけてみたら、ちょうどその人がオベロイホテルの運転手で、ハイアットホテルに電話をかけてくれて、散々待ちましたが、ハイアットの人が来て、車も呼んでくれて、無事ホテルに向かうことができました。

その時点でもう40分も待たされていたけれど。。。


最初は「本当にお迎えサービスの予約を入れたのか」とか「便名をちゃんと知らせたか」とか言われ、「今すぐ証拠のメールも見せられますよ」と言って見せたら、さすがにホテル側もかなり慌てて、ホテルに向かう途中の車に、お詫びの電話も来て(運転手の携帯に)、ホテルに着いたら、車のドアの外にホテル職員も迎えてくれ、チェックインなんてしなくていいから、部屋でサインだけしてくださいと、部屋に直行。。。

それでお茶はいかがですか?と言われたので、ワインを持って来てくれと言ったら、それなら有料になりますと言われムスっ

空港の外で買ったプリペイド携帯は、一時間で使えるようになると言われていたのに、翌朝まで通じないし、更に私から電話をかけられるようになったのは、翌日のお昼でした。。

やっぱりインドーー
でもなぜか、あんまり腹が立たなかった。。。

タイで怒らない人になってしまったのでしょうか。。


それで、部屋にはタオルでできた変てこりんな象が!!!これでお詫びのつもり?!

でも、後ほどリクエストしたら、お詫びのワインボトルも送ってくれたので、良しとしよう。。。


変な象とお詫びのワインの写真

像とワイン









FRRO行ってきました☆

6年目のビザ更新を無事FRROで済ませました。
例年より、ずっとすいていました。手続き順序も変わっていて、少し整然とした印象。
もらったビザスタンプも今年から新しい。
そういえばデリー空港でのイミグレでも今年3月から外国人の出国カード記入は無しになりましたね。

お気に入りのブランド

今週木曜日から、夫の社員旅行同伴なので、お気に入りのショップで、ドレスを二着購入しました。

RANA GILL 1

お陰さまで私自身の仕事も忙しいのですが、ヨーロッパではやはり公の場では夫婦同伴が当然なので、妻としての仕事も大変になってきました

ワードローブは大目に持って行って、どんな場でも対応できるように。。靴、バックも数種類。。
結果、スーツケースは大変重くなります。(^_^;)


お気に入りブランドは、NY在住のインド女性デザイナーRANNA GILLです。

RANA GILL 3

RANA GILL 2

スウェーデン大使館にて。毎年恒例ノーベル賞記念パーティ

香港から戻ってきた翌日、夫に「今夜はパーティに出席しなきゃだよ。」と言われました。
「え?何?そんなの聞いていない。戻ってきたばかりで色々仕事あるし、私は行かない。あなただけ行って。」と言い放ったのですが、「香港行く直前に行ったでしょ。スウェーデン大使館でノーベル賞記念の集まりがあるって。」と言われ、そういえばそんなことを言っていたような。。。。

と、言う訳で、仕方なく。。。

夫関係の行事は、年々増えるばかりです。
どうしても夫婦同伴が普通なので、私の出番も本当に多くなってきた。。。

ノーベル賞記念のパーティは、毎年この時期に開かれますが、今年はちょっと遅くて、デリーはもうとっても寒い時期になってしまいました。

いつも野外のガーデンでやるので、着るものは、蚊対策、寒さ対策など、色々考えねばならず。。。

本当に寒いので長袖のロングドレスで行こうと来てみたら、色も黒っぽいし、まるでプルカみたい。><

こんなの着て人生を無駄にしたくない!と気合を入れて、ノースリーブドレスで行くことにしました。

念のため手袋&ファーも用意。

gloves

靴はピンクのキラキラ、アンティプリマのゴールドのパースに合わせて。。。

bag and shoes

中は人がいっぱい!!去年より人が増えている!! やはり一番多いのは地元インドの方です。
スウェーデン人は元々少数だし。。

コートや長袖で完全防備の女性が多かった中、やっぱりノースリーブドレスで行って良かったな、と自己満足。意外と寒くなかったし。。

update

欲を言えば、もう少し高いヒールの靴を選べばよかった。
フライトの後で足がむくんで、これ以上のハイヒールは、きつかったのですが。。。
やっぱり高いヒールほどきれい。。。

今後は絶対楽しないようにします!!!












メラやっております☆明日最終日です。

昨日、今日に引き続き、明日もデリーサケットのK様宅にてメラを行います。どうぞよろしくお願い致します。


mela

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM